終わらないモラハラ夫の愚痴への対処法

モラハラ夫の愚痴が始まると終わらない。

それは妻に対する愚痴だけではありません。

上司や同僚の発言が気に入らない、取引先に失礼な態度を取られた。

しかし、モラハラ夫の愚痴の内容は「俺様を立てない他人が悪い」などの身勝手な事や、モラ夫自身が起こしたトラブルへの責任逃れ。

悪いのは俺じゃない、他人が悪い、他人のせいで。

愚痴と言うより、ただの被害妄想や身勝手な願望ばかりを延々と聞かなければならない妻の負担は相当なものです。

しかし、モラハラでなくても一緒に暮らす夫の愚痴を全て封じ込めるのは難しいのが現実。

モラハラ夫の愚痴を封じ込めるのではなく、愚痴を言い続けられない対策を試してみてはいかがでしょうか?

モラハラ夫の愚痴に常識は通用しない

一緒に暮らす夫婦なのですから、時には愚痴を聞いてもらいたくなるでしょう。


しかし、モラハラ夫の愚痴は現実や常識とかけ離れた事ばかり。
モラハラとわかっていても、あまりに酷い内容に気分が悪くなる事もあります。


モラハラが起きていない時は夫と普通に話せる関係の方や、モラハラ夫に言い返せる方は常識的な意見を言いたくなります。


「相手はそこまで悪気はないのかもしれないよ」
「ミスはあなたにも責任があるんじゃない?」

ですが、被害者視点が強いモラハラ思考ですから身に起きた不都合や不快感は他人の悪意からと解釈しています。


妻が常識的な意見を言っても理解するどころか、妻も悪意を持っていると受け取りかねません。


妻に悪意があると判断するば愚痴から妻へのモラハラに変わるでしょう。

モラハラ夫の愚痴へ常識的な意見を言うのはほどほどに、相槌を打つ程度にしておきましょう。

もう愚痴は聞きたくない!は逆効果

モラハラ夫に言い返せる関係の方だと、「もう愚痴を聞くのは疲れた」と言いたくなります。

ですが、疲れたと言われ大人しくなるなら悩みませんよね。


モラハラ夫の愚痴にNOを突きつける事は、イライラを募らせた夫へモラハラできる口実を渡すようなもの。

「家族の為に毎日働きストレスがあるのに少しの愚痴も許されないのか」

「ストレスで働けなくなったらお前が養ってくれるんだな」

「俺と同じだけ稼いでくれるんだな?」

生活を盾に妻を脅し、追い詰めます。

「少しの愚痴すら聞きたくないなら俺と同じだけ稼ぐと約束しろ!」

モラハラ夫の愚痴にNOを突きつける事で、他人への愚痴がモラハラに変わります。


身勝手な愚痴にイライラし、NOと言いたくなる気持ちはわかりますが、興奮状態のモラハラ夫には燃料追加となりますから注意が必要です。

ただし、時には真っ向からNOと言うのが効果的な場合もあります。

その場合は興奮状態のモラハラ夫に感情的にNOと言うのではなく、冷静に淡々と、です。

でも、毎回は通用しません。

「もう疲れたでしょう?」寄り添いで愚痴がやむ時

真っ向から愚痴へNOと言わなくても、

「ずっとイライラして疲れたでしょう?」「今日はこの辺にして休んだら?」
などと愚痴にとらわれている興奮状態から冷静になるよう促す事は試した方もいるでしょう。

ここで愚痴が止まる事もあれば、止まらずモラハラに変わってしまう事もあったのではないでしょうか?

モラ夫に寄り添って意見にも関わらず愚痴が止まる、止まらない。

この違いの一つとして考えられるのは、モラハラ夫が愚痴を言い尽くしたタイミングかどうかです。

モラハラ夫がまだ愚痴を言い尽くしていない興奮状態なのに「もう疲れたでしょう?」は逆に責められる場合もあります。

言うのが早すぎたのです。


モラハラ夫の愚痴がトーンダウンしたタイミングで言うと、愚痴に区切りを付けるきっかけに効果があるかもしれません。

関連ある話題に逸らす、すり替える

モラハラ夫の愚痴を聞くとき、ある程度意見などを言う対話形式なら。

話題を逸らす、すり替える事も有効。

例えば、同僚への愚痴をいい続けているなら、上司の話題にすり替える。

「そういえば、上司の◯◯さんに前にお世話になったよね。何かお礼したほうがいいかな?」
「同僚の◯◯さん、元気にしているの?」

モラハラ夫が会社の愚痴を言っているなら、会社関係の人でモラ夫が好意的に思っている人物に話題をすり替える。

1度ですんなり話題が変わるとは言えません。また愚痴に戻ったら一旦終了。

改めてタイミングを見てサラッと違う話題を出してみる。
どのタイミング、どんな話題ならすんなり乗ってくるか「研究」してみることです。

同じ日に何度も繰り返すのは不自然なので、まずは1~2回から試して下さい。

モラハラ対策は 「 うちの夫のモラハラの傾向と特徴」 を把握することから

ただでさえ身勝手な愚痴に付き合わされてうんざりしているのに。

こんな事をしなければならないんんて・・・面倒ですよね。

でも、モラハラ夫と一緒に暮らしつつモラハラを軽減するには、「うちの夫のモラハラの傾向と特徴」を研究し対策するほかありません。

モラハラは相手にしない事がいいからと、愚痴は一切聞かず無関心を決め込んで悪影響がないならそれでいいいいです。

しかし、モラハラ夫に無関心に反応して悪影響を受けないためには、しっかりとした下積みが必要です。

モラハラ夫への反応を減らし、無関心でも問題なく生きれる環境を作るには「うちの夫のモラハラの傾向と特徴」 を把握することが必要です。

モラハラ夫の愚痴は、イライラの対象が妻ではないので、関連ある話題にすり替える事に効果が期待できます。

イライラの対象として妻にモラハラしている時は、話題のすり替えは逆効果になるので注意してください。

*******

無料メールレッスン・メルマガでは、モラハラを抜け出す準備とメンタル基盤を築くポイントなどをお伝えしています。

メールレッスンにご登録の読者の方は、登録から14日間は体験カウンセリングを特別価格でご提供しています。

モラハラから抜け出すための、あなたに合った必要な準備がわかる!7日間の無料メールレッスン!

画像をクリックすると登録ページに変わります。

7日間無料メールレッスンご案内

・恐れ入りますが、パソコン・またはGmailなどのフリーメールアドレスでご登録ください。
・ご登録後、数分経っても確認メールが届かない場合は迷惑メールボックスをご確認下さい。
・メールレッスン、メルマガとは無関係な迷惑メールの類はお送りいたしません。ご安心ください 。

コメントを残す

fukunaga-miho としてログイン中ログアウトしますか ?

最近の投稿

アーカイブ

  月を選択   2019年1月    2018年12月    2018年11月    2018年10月    2018年9月  

カテゴリー