なぜモラハラ夫の暴言は矛盾し迷走するのか?

勢いに任せて、怒り暴言を浴びせるモラハラ夫。

言われた妻はモラハラ夫の暴言に深く傷つくのですから、何を言われたのか覚えています。

根に持っている、のではなく、忘れたくても忘れられない暴言。脳裏にこびりつき、思い出しては再び痛みを追体験してしまいます。

しかし、モラハラ夫の暴言にはあきれるほどの矛盾が多くあります。”普通の人”であれば、恥ずかしくなるであろう発言の矛盾。

なぜ、モラハラ夫の暴言は矛盾し、さらに迷走したモラハラになるのでしょうか?

 

モラハラ夫の暴言はその場しのぎ

 

妻にとっては深い痛みを受ける暴言であっても、モラハラ夫にとってはその場しのぎの暴言。しばらく経てば、前回とは真逆の主旨で怒りで暴言を妻に浴びせます。

前回とは真逆のモラハラ夫の暴言に、さすがの妻も疑問と苛立ちが募り、「前はこう言ったよね」と聞きたくもなります。

しかし、モラハラ夫の暴言はその場しのぎ。

その場の不快感や不都合をクローズアップし、さも大きな問題であるかのように指摘するという形でモラハラできれば何だって良かったので、モラハラ夫本人もよく覚えていません。

暴言の矛盾を理解できない理由のひとつは、「覚えていないから」ということがあります。

 

発言の矛盾を妻の人格問題にすり替える

 

何をどう解釈し、なぜそう言ったのか?覚えていなくとも、妻から矛盾を指摘されたのですから、過去の暴言に理由を付けなければなりません。

しかし、明確な理由なんて覚えていない。そもそも些細な事を大げさにクローズアップしての暴言なので、理由なんてあやふやです。

あるようで無い理由を説明なんてできないので、再びその場しのぎの暴言にすり替えます。

「今はそのことを言っているんじゃない」

「あの時とは事情が違う」

「いつまでも根に持っていやらしい人間だな」

「人の揚げ足を取るのが楽しいか」

モラハラ夫自身の過去の発言と今の発言の矛盾を、妻の人格に問題があることにすり替え、自身(モラハラ夫)の矛盾点すらモラハラの材料に変えてしまうのです。

 

矛盾を隠すために迷走するモラハラ

 

”普通の人格”であれば、矛盾を指摘されることで、気まずさはあるものの多少は自身を顧みることができるでしょう。

ですが、モラハラ夫は無意識下に根強い劣等感や無価値感があります。

自身の矛盾を認める事、顧みることは”負け”。

矛盾を認め、負ける事で根っこにある劣等感や無価値感が明るみになる恐怖から逃れるために、矛盾の論点をずらし、気まずさを覆い隠すためのモラハラを繰り返します。

妻の人格に論点をずらし、妻の行動に論点をずらし、最終的には当初のテーマとは全く無関係な、妻の仕事や趣味にまで論点をずらすことで、当初の矛盾から逃れようとします。

ですが、モラハラ夫が論点をずらし続けることで、迷走したモラハラとなります。

どう考えても無関係な事を次々と聞く妻は「結局、モラハラ夫が何を言いたいのかわからない。会話にならない」結論へとたどり着くのです。

 

なぜモラハラ夫の暴言は矛盾し迷走するのか?まとめ

 

モラハラ夫の暴言はその場しのぎ、些細な不都合や不具合をクローズアップすることで、モラハラの材料になるため。不都合や不具合への理由は大きな問題ではない。

元々、大きな問題ではないので、しばらく経てば真逆の指摘で妻へのモラハラの材料にする。前回の暴言に矛盾があるのは、暴言の主旨の問題は問題ではないから。

モラハラ夫にとっては、矛盾を指摘されること、認める事は負け。

なぜなら、モラハラ夫は無意識下に根強い劣等感や無価値感があるので、矛盾を認める事、自身を顧みる事は劣等感や無価値感が明るみになる恐怖となる。

矛盾という本題から妻の気を逸らすために、論点をずらし無関係な事への暴言でモラハラは迷走し、妻を混乱させるモラハラを繰り返す。

妻は、「モラハラ夫が何を言いたいのかわからない。会話にならない」結果にたどり着く。

 

そうは言っても、発言に矛盾のない人なんていない事は、妻も十分わかっています。

人間は感情に大きく支配されていますから、時がたてば真逆の事を感じるのも普通の事です。

モラハラを受けている妻は、発言の矛盾を指摘して「してやったり!」などと思っていたのではありません。

夫との関係を良好に保つため、夫は結局どうして欲しいのか?理解したかっただけなのです。

理解したい・寄り添いたいと夫の気持ちを汲むため向き合うも、夫は論点をずらし続け、何が言いたいのかわからない。

会話は迷走し続けながらも、結局は妻に原因がある、妻が悪いと責められる。

このような事を何年も繰り返しているのですから、妻は夫と向き合う事・理解することにウンザリするのも当然と言えます。

これまで、モラハラ夫の暴言の矛盾と迷走に振り回されてきた方は、暴言の矛盾と迷走のからくりを胸に留め置き、モラハラの暴言をスルーできる余裕へとつなげていきましょう。

*******

モラハラから抜け出すためのあなたに合った必要な準備がわかる!7日間の無料メールレッスン!

読者登録はこちらから↓画像クリックで登録ページに変わります。

 

・携帯メールアドレスではフィルター設定のより届かないことがあります。パソコン・またはGmailなどのフリーメールアドレスでのご登録がおすすめです。
・メールレッスン・メルマガに無関係な迷惑メールの類はお送りしません。ご安心ください。
・ご登録後、数分経っても登録確認メールが届かない場合は、迷惑メールボックスをご確認下さい。