モラハラ夫の無視にのまれ、モラハラを悪化させないために気をつける事

モラハラ夫の突然の無視。

最近、夫と話したことなどを振り返ってみるものの、原因がわからない。

狭い家庭の中で数日から数週間、酷いケースでは数か月と無視され続けると、次第に追い詰められ「無視をやめてくれるなら何でも聞くから!」という心境に陥ってしまいます。

そこで要求を妻に受け入れさせるのがモラハラ夫の無視の目的です。

モラハラ夫の無視される辛さにのまれ、モラハラを悪化させないために気をつける事をまとめました。

モラハラ夫が無視を始める時

モラハラのない夫婦関係でも、パートナーを無視することはあるでしょう。

夫婦喧嘩がエスカレートし、お互い一歩も譲らず冷戦するように無視する。

多くは数日もすれば自然に会話するか、再び話し合い譲歩する点と折衷案を見つける事ができるなら対等な関係と言えるでしょう。

しかし、モラハラ夫の無視は冷戦ではありません。

モラハラ夫が無視を始める時は、モラハラ夫にだけ都合の良い要求を受け入れさせるという最終目的があります。

ですが、モラハラ夫自身が明確な目的意識を持ってあなたを無視しているのではありません。

無視で精神的ダメージを与え不都合をわからせたい

モラハラ夫が明確な目的意識を持って無視しているのではありませんが、無意識下には要求を受け入れさせるという目的を持っています。

そのための第一ステップとして、不都合を妻にわからせるために精神的ダメージを与える手段の一つに無視があります。

暴言や人格否定も同様に、妻に要求を受け入れさせるステップです。

暴言や人格否定という迫力の追い込みで精神的ダメージを与えるか、無視で突き放し静かにダメージを与えるか。

それなら夫の不都合を理解してあげればと考えるかもしれません。

しかし、モラハラ夫の不都合ですから、ほとんどは身勝手な事となります。

例えば、機嫌が悪いのに気付かず配慮がない。妻個人の交友や外出が気に入らない。家計に見合わない物の購入を認めさせたい。

このような身勝手な要求を受け入れさせ、思い通りの反応を取らざるを得なくするために精神的ダメージを与えて支配を深めるのです。

モラハラ夫の無視への対処は?

モラハラ夫の無視で要求を受け入れることは一度では済みません。

無視で身勝手が通ると”味を占める”と、身勝手な要求を受け入れさせるために何度でも無視するでしょう。

自分の痛みには大げさですが、相手の痛みがわからないモラハラ加害者です。

無視は長期化し、次第に子供を巻き込んで妻を追い詰めることも珍しくありません。

かと言って、モラハラ夫に無視はやめてと訴えるのはモラハラ夫の思う壺。

「なぜ俺が怒っているかわかったのか!」と、被害者のようにを延々と繰り広げ暴言や否定への引き金となりかねません。

無視の原因について接触せず、毅然と対処することが大切です。

いつも通りの生活リズムを崩さない

モラハラ夫の無視で顔を合わせるのが嫌になり避けたくなる気持ちはよくわかります。

多少は避けるのもアリですが、あまりに夫を避けるように縮こまるのは逆効果です。

あなたはいつも通りの家事をし食事を用意しましょう。


あなたが用意した食事を放置しインスタント食品を食べていても、いらないと言われない限りいつも通り食事を用意しましょう。

可能であれば、リビングなどの共有スペースでは、一定時間はいつも通り過ごす事を心がけましょう。

穏やかに過ごせないのはわかりますが、無視をされても日常に大きな影響はない事を示すためにです。

決してモラハラ夫の好物の食事を用意したり、やたらと笑顔で話しかけたりせず。

いつも通りの食事と家事をし、いつも通りに声を掛ける事はしておきましょう。

無視に無視で挑発したり、無視で参っている素振りを出すのではなく。

根気よく生活リズムを崩さないことで、無視のダメージは小さいとモラハラ夫に学習させるのが目標です。

心のガス抜きを持っておく

数日なら生活リズムを崩さず毅然と振舞うことが出来ても、無視が長期化すると辛さが積もってしまいます。

ですが、ここで折れてはモラハラ夫の思う壺です。

蓄積した辛さを開放する、心のガス抜きが必要です。

一人でのんびり過ごす時間や、友人と会う時間を持っておきましょう。

親しい友人であれば、夫の無視について話すのもいいです。

でも、モラハラを理解していない方であれば、「話し合ったほうがいい!」というアドバイスになるかと思います。

それはモラハラには逆効果で!と言いたくなる気持ちはわかりますが、そこはムキにならず聞き流して気持ちよく過ごすことを優先しましょう。

揺さぶりから引き戻してくれる味方を持つ

モラハラ夫の無視は都合のいい要求を受け入れさせるためとわかっていても。

家庭内で長期に無視されると、次第に「私が悪いのかな・・」という不安でいっぱいに。

理屈だけで感情を長期で処理するのが難しくなってしまうんです。

精神的ダメージを受けているのですから、本能では苦痛から逃れる方法を求めて”折れる”ことを考えるのは当然の流れです。

モラハラ夫からの揺さぶりだけでなく、自分自身からの揺さぶりに耐えきれず、何も悪くないのに夫に謝ってしまう方もいます。

そのような事態にならないために、モラハラの辛さや揺さぶりで夫の要求をのみそうになった時、何でも話せる理解者=味方を持っておくことが必要です。

あなた辛さや揺さぶりの迷いを理解しつつ、あなたは悪くないんだよと支えられることで、揺さぶりや迷いを乗り切ることが出来ますから。

モラハラ夫の無視の捉え方を変える

無視と言う存在しないような扱いを受ける事は精神的ダメージが大きく自己肯定感が下がります。

無視されることが辛いのは人間なら誰しも同じですし、共感性が高いタイプが多いモラハラ被害者の中には「暴言より無視のほうが辛い」とおっしゃる方も。

ですが、モラハラ環境では夫の無視は捉え方を変えて見ると、ダメージが軽減できる点もあります。

なぜかと言うと、突き放す攻撃だからです。

暴言や否定をはじめとした、典型的なモラハラは積極的に妻に攻撃を仕掛けてきますが、無視は突き放す・接触を拒む静かな攻撃。

極端な言い方をすると、モラハラ夫自ら接触したくないという強い意思表示。

何時間と暴言や人格否定に付き合うことも、愚痴や悪口を聞くことも求められていません。

精神的ダメージを軽減できるスキルが身に付けば、モラハラ夫の無視も悪くないと思えるような気がしませんか?

もちろん、お子さんへの影響などを考えるとモラハラ夫の無視も悪くないとばかり言えません。

でも、父親(夫)に無視されて苦しむ母親(あなた)より、無視されてもいつも通りの生活リズムでいる母親のほうがお子さんも安心感があるでしょう。


モラハラ夫の無視は精神的ダメージが大きく、辛さから逃れるためモラハラ夫の身勝手な要求を受け入れがちになります。

それがモラハラ夫の無視の目的です。

モラハラ夫の無視は単なる怒りや嫌悪などではありません。

無視に限らずモラハラ行為は、妻を支配し身勝手な欲求を全て受け入れさせる。

まるでクローンを求めているのと同じように見えます。

モラハラ夫の無視に辛さから要求を受け入れ、一時的な解決に見えてモラハラを悪化させないように。

毅然としつつ挑発せず、いつも通りで居ながら辛さや痛みを一人で抱え込まず、様々な揺さぶりを回避して乗り切りましょう!



無料メールレッスン・メルマガでは、モラハラを抜け出す準備とメンタル基盤を築くポイントなどをお伝えしています。

メールレッスンにご登録の読者の方は、登録から14日間は体験カウンセリングを特別価格でご提供しています。

モラハラから抜け出すための、あなたに合った必要な準備がわかる!7日間の無料メールレッスン!

画像をクリックすると登録ページに変わります。

7日間無料メールレッスンご案内

・恐れ入りますが、パソコン・またはGmailなどのフリーメールアドレスでご登録ください。
・ご登録後、数分経っても確認メールが届かない場合は迷惑メールボックスをご確認下さい。
・メールレッスン、メルマガとは無関係な迷惑メールの類はお送りいたしません。ご安心ください 。