モラハラ夫の弱点を知り怖さを軽減しよう

自信に満ちた態度で暴言や否定を重ね妻を追い詰めるモラハラ夫。妻はモラハラ夫の不機嫌を加速させないために、神経を使うばかりでしょう。

モラハラ夫の不機嫌が加速すると、妻はもちろん子供にまで八つ当たりされてしまうのですから。

常に”今ここ”の夫の機嫌を軸を考えてしまうので、夫のモラハラの特徴や弱点を冷静に観察する余裕なんてありません。

とにかく夫の不機嫌を加速させないため、その場を収めるために妻は不本意ではあるけど夫の暴言に黙り、愚痴に付き合います。でも、イライラしますよね。

モラハラ夫を「ぐぬぬ・・」と黙らせるような弱点はないのか?考えたことがあるでしょう。

モラハラ夫にも弱点はある

妻の前では自信満々。強い口調でキッパリ言い切り、間違いとなれば全力で指摘してくるモラハラ夫。

「それってどうなの?」な理不尽な要求も自信満々に言い切るので、妻は夫の言う事が正しいのかもしれない・・・と錯覚してしまう程の迫力。

そんな夫に弱点なんてあるのだろうか?

ありますよ。人間ですから当然です。

ただし、モラハラ夫の弱点を指摘したからと言ってモラハラが治る事はありません。逆に弱点を指摘することで、さらに妻を追い詰める言動や態度に繋がる可能性もあるので注意が必要です。

予想外が弱点のモラハラ夫

モラハラ夫と妻の関係で上下関係が築かれている場合、夫は妻の反応をある程度想定してモラハラをしています。

モラハラの目的はターゲットである妻が傷つき従う事。どう責めれば妻がどう反応するのか?どんな言葉に弱いのか?モラハラ夫はよくわかっています。

よくわかっていてもモラハラ夫が意図せず使い分けていることも多々あります。

モラハラ加害者は自分と言う軸がありません。妻を責める際の自分の行動や言動に明確な意図なく無意識で使い分けているのです。

無意識で妻の弱点や弱さを指摘しているのですから、意識して指摘するよりタチが悪いと言えますね。

でも、意識して妻の弱点を責めていないからこそ、妻の反応が予想外だった場合の動揺は大きいものです。

いつもは強い言葉で責めれば折れていた妻が、動揺することもなく受け流す。

さらに「ハイハイ、そうなのね」と言わんばかりの対応には鳩が豆鉄砲を食らったかのような顔をしていたなんていう例もあります。

親の言う事に決して逆らう事のなかった子供が、初めて親に反発した時と同じような動揺でしょう。

予想外の動揺はさらに支配欲へと変わる

モラハラ夫に予想外の動揺を与え、その場で動揺しモラハラが中断される事もあります。だからと言ってもうモラハラされないと安心できないのが現実です。

先ほどの親の言う事に初めて子供が逆らった場合、束縛親・支配親はどんな行動を取るでしょうか?

子供に対して「あなたの為に言っているのよ!」「あなたの将来を思っているのよ!」と、これまで通り子供を従わせるための言動と行動を取り、子供の意志を妨害するような事もあるでしょう。

 

モラハラ夫の動揺も一時的な反応です。すぐに妻を元の上下関係からの支配、夫のモラハラ攻撃に傷つく反応を見せる妻に引きもどすために何をするのか?

さらに酷いモラハラで妻の反応を引き出そうとします。これでもかと上下関係を見せつけます。

ですから、モラハラ夫の弱点を把握しても安易に責めてはいけません。

他者の評価は大きな弱点

モラハラ加害者は常に他人の目を気にして生きています。他人にはどこまでも良く思われたい、いい人と思われたい欲が尽きる事はないようです。

実際、私のモラハラ元夫も相当でした。他人の話は熱心に聞き、協力するための犠牲はいとわない。自営業だったのですが自身の収入が減ってでも他人に利益を取らせ続ける。

もちろん、時には自身の収入を減らしてでも他者を支える事もあっていいんです。自営業ゆえの人間関係や繋がりを築くには必要な事ですから。

元夫の場合、特定の相手に利益を譲り続け、まるでカモにされているような状況でも気付いていないのです。

なぜかというと、相手は元夫をほめちぎり感謝の言葉を並べ、「私たちを救ってくれた神様みたいな人」とおだて続けたからです。元夫の言う事は何でも同意、元夫の嫌いな人物は一緒に全否定。

困った時は即、元夫に困っているアピールを続けていました。

それは不気味な関係でした。

おだてて利益を吸い取る人と、おだてられ崇められる(笑)ためなら収入を減らし、家族を踏みにじっても構わない。「人助け」できる偉大な自分に酔う元夫。

元夫の例は少し極端に感じたかもしれません。でも、事実なんです。おだて崇める他者を引き合いに、私の欠点や至らなさを連日責めてきました。

モラハラ夫の自己紹介に見る弱点

当時は何時間もモラハラで責められることが辛く、冷静に観察できませんでした。

でも、今ならわかります。元夫が責めてきたことは夫の弱点そのものだったという事が。元夫は私を責める際「世間の評価」という言葉をよく使いました。

モラハラ夫の世間の評価では、私は非常識で人に慕われる要素のない人間であると。

私は元々、他人にどう思われるとか気にしない方だったので夫の言葉に「なんでそうなるの?」と、反論もしました。

世間に評価されたい人はそうすればいいけど、私は世間の評価を求めていないと。

モラハラですから気に入らない回答には会話の論点をずらして責め続けてきます。話が進むにつれて「夫は一体、何が言いたいのか?」わからなくなるだけでした。

 

今ならわかるのは、モラハラ夫の自己紹介だったという事。

元夫は世間の評価が悪くなることを恐れているのです。他者に悪く思われる事が怖かったのでしょう。常に人に良く思われたい、慕われ尊敬されたい。

 

個々の価値観や生き方、相手の立場になって物事を見る事が出来ないのがモラハラの特徴のひとつ。

つまり、モラハラ元夫は自信の恐れている事は、妻の私も恐れると考えてモラハラの材料にしていたのでしょう。

モラハラ夫の弱点はモラハラの中にあり

私の経験ではモラハラ元夫の弱点は、他者の評価でした。

そしてこれは多くのモラハラ加害者に共通する弱点だと言えます。なぜなら、モラハラ加害者は自分に自信がなく、劣等感や無価値感の塊なので。

普段、妻に自信満々に否定や暴言を繰り返すのは劣等感を一時的に埋め合わせるためです。

そもそも、自分という存在に自信のある人、自身の存在を認められる人は他者への暴言や否定なんてする必要がありません。そのままの自分で誰とでも対等に関われるのですから。

モラハラは劣等感や無価値感の裏返しと考えると、モラハラの言動や態度に劣等感の傾向や特徴が表れてきます。つまり、モラハラ夫の弱点はモラハラの中にあるのです。

弱点はいざと言う時に取っておく

モラハラ夫の弱点について書きましたが、これだけは忘れないでくださいね。

夫の弱点・モラハラの裏返しで見えた劣等感の特徴が見えても安易にモラハラ夫の弱点に攻め込まない事。

先にも書いたように、予想外の反応はモラハラを加速させる恐れもあります。モラハラ夫の奥にある劣等感や無価値感を刺激することでプライドは大きく傷つくでしょう。

逆上しDVへとなる可能性だってあります。ですから、弱点は安易に攻め込んではいけません。いざと言う時の切り札に取っておきましょう。

いざと言う時、どんな時でしょうか・・・?

モラハラ夫と物理的な距離を取る別居や離婚を始め、到底受け入れられない、とんでもない要求をされた時など。それでも、攻撃するのではなく動揺せずに匂わせる事からです。

あなたの身の安全が何より最優先です。まずは弱点を知り、モラハラ夫への怖さを軽減することから始めてみましょう。